マルチメディア

マルチメディア

集中して講義に臨むためのテクノロジー





スタンフォード大学の化学学部において、近代化学の限界を探求し、超えることを追求しています。彼らの施設は7つのビルから成り立っており、クラスルームや研究所で、最新の設備を使用することを重要であると捉え、その維持に注力しています。



チャレンジ

スタンフォードの化学学部において、在校生と卒業生間でインタラクティブ性かつ共同的な作業ができるツールが必要でした。プロジェクターやホワイトボードは最先端の技術を誇る彼らの教育にとってはあまりにも時代遅れのものとなっていました。 

ソリューション

Newlineはスタンフォード大学の化学学部のメインウイングにNewline製84インチタッチスクリーンを導入し、講師陣がテストを行い、レッスンプランを立てられる環境を構築しました。Newlineの最先端のタッチスクリーンが持つインターフェイスはインターネットアクセや、マッピング、手書き入力、印刷、E-mail、ビデオ会議、レクチャーの録画など様々な機能を一台でこなすことができます。

結果

GA (Graduate Assistant)や教授陣は、学生が授業に集中するためのインタラクティブかつ共同性のあるツールとして、Newline製のタッチスクリーンとIdeaMaxを使用しています。非独占的なシステムは、様々なタイプのデバイスと接続、共同して効果的、かつ直感的に使用することができます。このインタラクティブという要素は、スタンフォード大学において、学生が集中して講義に臨み、満足な成果を得られることに大きく貢献しています。