マルチメディア

マルチメディア

テクノロジーで実現する次世代ヘルスケア

PruittHealthはアメリカ南東部における長期介護ビジネスの地域リーダー的な存在です。 メディカルスタッフにより継続的な専門的な開発を通して、質の高いヘルスケアサービスの提供をコミットしています。

チャレンジ

PruittHealthはそれまでのタッチコントロールができない寄せ集めで作られたシステムに取って代わる、オールインワンかつホワイトボード機能やコラボレーションをできる限り簡単にできるソリューションを探していました。 また、採用するソリューションは、彼らの提供する施設に住む人たちも長い時間のトレーニングがなく、手軽にビデオ会議を使って家族とコンタクトできるよう、直感的かつ簡単に使える必要がありました。

ソリューション

複数台のNewlineコラボレーションタッチスクリーンX5がメイン施設に、一番大きな会議室にはNewlineコラボレーションタッチスクリーンX7がそれぞれ導入されました。オールインワンに集約されたXシリーズはスタッフの労力を減らし、1080Pの解像度を持つ広角レンズを搭載したカメラ及び、エコーリダクションとノイズキャンセレーションを搭載したマイクロフォンアレイは医師及び看護師がクリアにかつ、迅速にコニュニケーションを取ることを可能にしました。

結果

Xシリーズの簡単にコラボレーションができるよう設計されたデザインにより、看護師は治療が必要な患者のため、医師との迅速なコミュニケーションが取れるようになりました。この迅速なコミュニケーションにより、PruittHealthのスタッフは、タイムリーな対応を必要とする彼ら施設の住民により良いケアができるようになりました。 また、誰でも簡単に使用できるソリューションのため、ごく短時間のトレーニングで誰でもコミュニケーションが取れるようになるため、PruittHealthは彼らの持つネットワーク網に設置するように、追加でX5及びX7の導入を計画しています。